イヨカズラ

伊予葛

双子葉、合弁花、 キョウチクトウ科 (以前は ガガイモ科)、 カモメヅル属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:30〜80センチ
別名:スズメノオゴゲ(雀の麻笥)
海岸などの乾き気味の所に生える。
茎には微毛があり、直立するが、 先端がつる状になることもある。
葉は3〜10センチの楕円形で先が少し尖り、 葉脈上に短毛があり、対生する。やや厚くて光沢がある。
上部の葉腋に短い散形状の花茎を出し、 淡黄白色で中心部が赤みを帯びた5弁の花を多数つける。 花茎は約8ミリと小さく、 雄しべと雌しべは合着してずい柱をつくり、 その周囲を5つに割れた副花冠が囲む。 花弁の先は反り返る。
長さ4〜6センチの紡錘形の袋果をつける。 種子には長い白毛があって、風でとぶ。

これはムラサキスズメノオゴケ(写真取り替え)


ムラサキスズメノオゴケ


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る