イガアザミ

毬薊

双子葉、合弁花、 キク科、 アザミ属、花は筒状花のみ、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:0.8〜1.2メートル。 茎は太くて直立する。
茎葉は互生し、羽状に裂け、縁に鋭い剣がある。
枝先に直径約4センチの紅紫色の頭花が数個かたまって咲く。 頭花は筒状花の集まりで、総苞片は反り返り、先に棘がある。 蕾は栗のイガのように丸くて棘がある。
そう果が実る。
同じく棘の鋭い トゲアザミ は、春〜夏に咲き、草丈が40センチ以下と小さく、総苞片が反り返らない点が違う。
日本固有種。

写真とりかえ(総苞片が反り返っていないのでトゲアザミ?)




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る