ヒョウタン

瓢箪

双子葉、合弁花、 ウリ科、 ユウガオ属、つる性、1年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜8月
ユウガオの変種と見なされている。 全体に軟毛がある。
茎はつる状で、3〜5メートルにのびる。
葉は切れ込みの浅い掌状で、互生し、葉柄が長い。
葉と対になって出る巻きひげで木や柵などにからむ。 巻きひげは初め右巻であるが、途中で左巻になって折り返す。
葉腋から出る花柄の先に白い5弁花が単生し、平開する。 花弁は楕円状で皺がある。 雌雄異花で、雌花には果実の原型がついている。 花は1日花で、夕方咲いて朝しぼむ。
上部と下部が丸くて中央部がくびれた果実ができる。 果実の大きさは5センチぐらいの小さいものから、 2メートルぐらいの大きいものまで、品種によって様々であり、 中央部のくびれないものもある。
果実は苦みがあって食用にはしないが、 中身を出して乾燥させたものは、昔から容器として使われてきた。 種子は褐色の楕円形で先が鋭角であり、縦筋がある。
アフリカ原産で、最古の栽培植物と言われており、 日本には縄文時代に渡来した。

(2016/9/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る