ヒメウイキョウ

姫茴香

双子葉、離弁花、 セリ科、 キャラウェイ属、2年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:30〜60センチ
別名:キャラウェイ
茎は直立して分枝する。
葉は ニンジン に似ており、2回奇数羽状複葉で互生し、 裂片は細い。
枝先に複散形花序を出し、小さい白い5弁花を多数つける。
果実は楕円形の2分果であり、2つに分離して、 長さ約3ミリの三日月形の乾果となり、黄褐色で縞模様がある。 (乾果とは、果皮と種子が密着した果実のことで、そう果、堅果、穎果 などを含み、液果でない果実のことである。)
ハーブとして栽培され、 根は惣菜に、葉はハーブに、果実はスパイスとして利用される。
東ヨーロッパや西アジアに自生する。

(2015/5/6)


ニンジンのような葉が根生する。(2017/10/18)


2回奇数羽状複葉で裂片は細い。(2016/9/28)


白い5弁花が複散形状に咲く。 (2016/4/15)


(2015/5/6)


果実は楕円形の2分果。(2015/5/6)


(2016/5/5)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る