ハイキンポウゲ

這金鳳花

双子葉、離弁花、 キンポウゲ科、 キンポウゲ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:20〜30センチ
匍匐枝を出すとともに、茎も地をはってのびる。 湿地に生えるものは茎が太くて毛が少なく、 道ばたに生えるものは茎に毛がある。
葉は3出複葉で、小葉は広卵形でさらに2〜3個に 中裂し、粗鋸歯がある。 根生葉には長い柄があり、茎葉は互生し、柄がない。
初夏に花茎を立てて、その先に直径2センチぐらいの光沢のある黄色い 5弁花を数個咲かせる。
縁取りをもったそう果をつける。

識別点: ウマノアシガタハイキンポウゲ
 ウマノアシガタ:根生葉が掌状に裂ける。
 ハイピンポウゲ:根生葉が3出複葉。

(2017/5/2)


葉は3出複葉で、小葉は2〜3中裂し、裂片に粗鋸歯がある。


花は5弁。(2016/4/29)


(2016/4/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る