ハエドクソウ

蠅毒草

双子葉、合弁花、 ハエドクソウ科、 (またはクマツヅラ科)、ハエドクソウ属、多年草。 用語説明
花期:春〜秋 4月〜9月
高さ:30〜70センチ
茎は直立し、微毛がある。
葉は卵形〜長楕円形で、粗い鋸歯があり、十字対生する。 葉脈はへこんではっきりしている。
茎先と葉腋から穂状花序を出し、花が下から上へと咲き進みながら花茎が 間延びしてゆくので、花は細長い花穂にまばらにつく。 蕾のときは上を向き、開くと横を向き、果時には下を向く。 花冠は長さ5〜6ミリの小さい唇形で、淡紅色を帯びた白色である。
細長い朔果がつき、萼の上唇にある3つの棘がのびてかたくなり、 鉤状となって種子が動物にくっつく。
有毒。 根を煮詰めた汁ではえ取り紙を作った時代があった。



花は細長い花茎にまばらに咲く。


蕾は上向き、花は横向き、果実は下向きとなる。(2015/6/13)


(2016/7/27)


花は小さな唇形。 (2018/6/19)


花は横向きに咲く。 (2018/6/29)




茎は直立する。 (2018/5/24)


葉には鋸歯がある。


葉は十字対生する。


(2017/6/24)


葉の間隔が狭いと4輪生しているように見える。




群生




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る