フラサバソウ


双子葉、合弁花、 ゴマノハグサ科、 クワガタソウ属、2年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
茎が分岐して横に広がり、先端は少し直立する。
葉は1センチぐらいの広楕円形で、2〜4個の鋸歯があり、ほとんどが互生する。
上部の葉腋から花柄を出して、直径3〜4ミリの淡青紫色の花を1つつける。 花冠は4裂する。 オオイヌノフグリ の花にくらべ、花が小さく、 萼などに毛が生えている点が異なる。
刮ハは球を数個合体したような形の偏球形で、先が少しへこみ、 1〜4個の種子を含む。 花後に果柄がのびる。
ユーラシア原産。

オオイヌノフグリにくらべ、花が小さく、毛が多く、果柄がのびる。


花は4弁。


(2016/4/16)


オオイヌノフグリにくらべ、果柄がのびる。


果実は筋のある球が2つ合体したような形をしている。(2017/4/13)


葉は広楕円形で、丸い鋸歯が数個ある。


葉は互生する。(2016/4/16)


葉にも花にも毛がある。


茎にも毛がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る