ダンドボロギク

段戸襤褸菊

双子葉、合弁花、 キク科、 タケダグサ属 花は筒状花のみ、1年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:0.5〜1.5メートル
茎は直立して高くのび、柔らかい。
葉は互生し、線形または線状被針形で不揃いな鋸歯があり、 上部の葉の基部は少し茎を抱く。
茎先の円錐花序に筒状花からなる頭花を上向きに多数つける。 花冠は、ふくらんだ基部の上に細長い淡黄色〜緑黄色の円柱がついて、 淡黄の筒状花が覗いた形をとる。
そう果が熟すと果実は白い綿毛の玉になる。



白い冠毛で綿毛の玉ができる。総苞は下部が膨らむ。(2015/10/3)




つぼみ。基部がふくらんでいる。





上部の葉は先がとがる。(2016/9/17)


茎は直立し、全体は細長い。(2016/9/17)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る