チョウセンアザミ

朝鮮薊

双子葉、合弁花、 キク科、 チョウセンアザミ属 花は筒状花のみ、常緑、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜9月
高さ:1.5〜2メートル
別名:アーティチョーク
茎は太くて叢生する。ロゼットで越冬する。
葉は対生し、50〜80センチと大きく、2回羽状に深裂し、やや硬く、 葉裏に白い綿毛が密生する。小葉の先端は棘状になる。
茎先に淡紫色の筒状花のみからなり、直径8〜15センチにもなる頭花を 1個〜4個つける。
総苞片の先は尖る。
そう果には淡褐色の長い冠毛がついている。
アーティチョークとして、若い蕾の萼状の苞片の裏側を食べる。
よく似た カルドン はチョウセンアザミの野生種であり、総苞片の先が棘状となる点等が異なる。
地中海沿岸原産。

花径は15センチぐらいと大きい。




蕾は大きくて苞片の裏が食用となり、葉裏に綿毛が密生する。(2015/5/6)


直径10センチ以上と大きい。(2017/6/6)


花が終わると総苞片が開く。(2015/7/2)


全体は直径約2メートルと大きく、葉は2回羽状に深裂して緑白色。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る