チドメグサ

血止草

双子葉、離弁花、 ウコギ科 (以前はセリ科)、 チドメグサ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜10月
高さ:20〜50センチ
細い茎で地をはい、節からひげ根を出し、よく分枝して 地面をおおう。
葉は互生し、直径1〜1.5センチの掌状浅裂する円形で、 光沢があり、基部は心形で、縁に3〜5個の歯牙がある。
葉腋から伸びた1センチぐらいの花柄の先に、直径3ミリぐらいの 緑色をおびた小さい5弁花を10個前後頭状にまとめて咲かせる。
果実では、 2つの分果がくっついて偏球形となったものが頭状に集まる。
ユーラシア原産



オオチドメグサ? 葉は地面を覆う。


花は緑色をおびた5弁花で、頭状に集まる。




丸くて中央がくぼんだ蕾が頭状に集まっている。


偏球形で2つの突起のある果実が頭状に集まる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る