アオイスミレ

葵菫

双子葉、離弁花、 スミレ科、 スミレ属、多年草。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:5〜15センチ

特徴要約(他のスミレとの比較については スミレ科一覧参照):
   地上茎:有、花色:白紫色、葉:円心形、距:太く上向き、托葉:広線形、花柱:鉤下向き。

地上茎があり、匐枝がある。 他のスミレに先駆けて早春に咲く。
花期の葉は約2センチの円心形で、毛がある。 托葉は全縁。
立ち上がった花柄が下向きにまがり、 白に近い淡紫色の花をつける。花弁は1〜1.3センチで青紫の 筋のような紋があり、距は3〜4.5ミリで太くて上を向き、 花柱の先がかぎ状に下向きに曲がる。 萼の付属体に王冠のような切れ目はない。 5弁のうち脇の2枚が前に突き出る。花は葉に乗るように咲き、 花弁が波打つ。
花後に直径5〜8センチの丸い大きい葉を互生させ、匐枝を出して新しい株を作る。
刮ハは球形で毛深く、果柄が曲がるので地上に転がる。 刮ハは3裂するが、種を飛ばさず、 種子は約2ミリで、約1ミリのゼリー状のエライオソーム(蟻誘引物質) をつけている。
タチツボスミレ に似ているが、毛が多く、托葉が全縁で、匐枝があり、 花柱がまがり、花弁が波打つ点などが異なる。



花弁に青紫色の筋状の紋がある。(2017/3/10)


距はふとくて凹凸があり、先が上を向く。(2014/3/16)


(2017/3/10)


葉は葵の葉のように丸くて毛がある。


(2017/6/6)


(2016/5/5)


萼の上の付属体は王冠のようには切れ込まない。(2014/3/16)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る