ユズリハ

譲葉

双子葉、離弁花、 ユズリハ科、 ユズリハ属、常緑、中高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:10メートル
樹皮は灰褐色で縦筋があり、若枝は紅色を帯び、古枝には葉痕がある。
常緑樹ではあるが、若葉が出るときに古い葉が一斉に落ちる。
葉は8〜20センチの長楕円形で先が短くとがり、革質で光沢があり、 枝先に集まって互生する。 葉裏は白緑色で、葉柄は3〜6センチあって赤い。
雌雄異株で、 初夏に前年枝の葉腋から総状花序を出して花弁も萼片もない目立たない 花をつける。雄花の葯は赤褐色。
果実は8〜9ミリの卵状楕円形の核果で、11月〜12月に藍黒色に熟す。
有毒である。

識別点: ユズリハヒメユズリハ
 ユズリハ  :雄花に萼片がない、葉が大きい、葉の網状脈は目立たない。
 ヒメユズリハ:雄花に萼片があり、葉が小さく、葉の裏に網状脈がはっきりでる。

上向きに出た新葉が成長してから、垂れ下がった旧葉が落ちる。


蕾は赤い。(2016/4/11)


葉腋から出る総状花序に、花弁も萼片もない花をつける。雄花は赤褐色、雌花は緑色で柱頭を2つ持つ。


葉は全縁・革質の長楕円形で、枝先に互生する。


若い葉の葉柄は赤い。(2015/4/30)


未熟な実。(2016/7/28)


熟しつつある実。(2015/11/30)


卵状楕円形の核果が藍黒色に熟し、粉をふく(12月)。


果柄も若い葉柄も赤い。葉裏は白緑色。


葉はゆるく波打つ。秋には冬芽がもう用意されている(9月)。


樹皮は灰褐色で縦筋がある。


(2016/4/11)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る