ヒメユズリハ

姫譲葉

双子葉、離弁花、 ユズリハ科、 ユズリハ属、常緑、中高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:10メートル
樹皮は灰褐色で、若枝は緑色を帯び、古枝には葉痕がある。
常緑樹ではあるが、若葉が出るときに古い葉が一斉に落ちる。
葉は4〜15センチの狭楕円形で先が短くとがり、革質で光沢があり、 枝先に集まって互生する。裏面は白緑色で網状脈がはっきりしている。
雌雄異株で、 初夏に前年枝の葉腋から総状花序を出して花弁のない目立たない 花をつける。雄花の赤褐色の葯が目立つ。
果実は8〜9ミリの楕円形の核果で、12月〜1月に藍黒色に熟す。

識別点: ユズリハヒメユズリハ
 ユズリハ  :雄花に萼片がない、葉が大きい、葉の網状脈は目立たない。
 ヒメユズリハ:雄花に萼片があり、葉が小さく、葉の裏に網状脈がはっきりでる。



樹皮は灰褐色で、おおむね平滑である。 (2018/1/14)


常緑で、高さ10メートルぐらいになる。 (2018/1/14)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る