ヤマモミジ

山紅葉

双子葉、離弁花、 カエデ科、 カエデ属、落葉、中高木。 用語説明
花期:春 5月
高さ:5〜10メートル
イロハカエデ と似ているが、葉や実がもっと大きい。 鋸歯が不揃いで、葉柄の上面に細長い溝のあるものが多い。
幹は直立し、樹皮は暗灰褐色で、若木は平滑であるが、老木は縦に浅裂する。
葉は対生し、掌状に5〜9裂し、裂片は尾状にとがり、 不揃いな重鋸歯がある。
雌雄同株で、葉腋の複散房花序に淡黄色〜淡紅色の小さい花をつける。 1つの花序に雄花と雌花が混生し、花弁と萼片は5枚ある。
翼果がつき、 2つの分果が八の字にくっつく。







イロハモミジより葉が大きい。<2015/6/1)


果実も大きく、鋸歯は不揃いで欠刻状。(2015/6/1)


翼果(葉の切れ込みが深くて裂片が細い園芸種)。


幹。樹皮は灰褐色で平滑。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る