ウンナンオガタマ

雲南招霊

双子葉、離弁花、 モクレン科、 オガタマノキ属、常緑、広葉樹、小高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:1〜4メートル
カラタネオガタマ と似ているが、花期が少し早く、 花の芳香があまり強くない点などが異なる。
樹皮は灰褐色で、若枝に褐色の細毛がある。
葉は4〜8センチの鈍頭の楕円形で、厚くてつやがあり、 全縁で、互生する。
花は葉腋に1個ずつつき、蕾には毛が密生する。 花は直径4〜8センチで、 白色の花弁が6枚あり、平開する。 黄色い葯をもつ多数の雄しべ群の中心から、 雌しべ群を支える柄が立っている。 芳香があるが、カラタネオガタマほど強くはない。
袋果ができるとのことであるが、 あまり見られない。

(2018/9/28)


葉は鈍頭の楕円形で、全縁、革質であり、互生する。 (2018/9/28)


葉腋に花が1つずつ付き、花芽は褐色の毛で覆われる。 (2018/6/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る