ツルコケモモ

蔓苔桃

双子葉、合弁花、 ツツジ科、 スノキ属、常緑、小低木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:10センチ
別名:クランベリー
亜高山帯に生える小低木で、 細い褐色の枝が蔓状になって地を覆う。 根が浅く、乾燥には弱い。
葉は長さ約1.5センチの楕円形で厚く、無柄で茎に互生し、 全縁でつやがある。葉裏は白っぽい。
夏に前年枝の先に数本の花柄が出て、淡紅色の花を1つずつ下向きに咲かせる。 花冠は4裂して反り返る。
直径約1センチの球形の液果が赤く熟し、 酸味があるがジャムなどとして食用になる。 (液果には中に空洞があるので、熟したときに水をはってゆすると、 果実が浮かび上がり、簡単に収穫できる。)
北アジアやフィンランド、北米などの寒い地方に自生している。

(2015/9/29)


葉は柄のない楕円形で、茎先に丸い液果ができる。(2015/7/2)


(2016/9/28)


細い茎が地を這うように伸びる。(2015/9/29)


少し立ち上がる茎もある。(2015/9/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る