シロバナヤエウツギ

白花八重空木

双子葉、離弁花、 ユキノシタ科、 ウツギ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:1〜2メートル
ウツギの変種で、 枝先の円錐花序に白い八重の花を咲かせる。
日本原産。
幹は中空で、成長が早い。 樹皮は若枝では淡褐色であるが、古枝では灰褐色。
葉は3〜6センチの細長い卵形で先が長くとがり、 鋸歯があって対生する。
枝先の円錐花序に八重の白い花を多数下向きにつける。
果実は球形の朔果で、先に花柱が残ってついている。





双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る