シマトネリコ


双子葉、合弁花、 モクセイ科、 トネリコ属、常緑〜半常緑、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:10〜18メートル
別名:タイワンシオジ
落葉樹である トネリコ に比べ、常緑樹であるという大きい違いがある。 (ただし、寒冷地ではシマトネリコも落葉する。)
幹は株立ちすることが多く、直立する。 樹皮は灰褐色。若木では平滑で皮目がある。
奇数羽状複葉が十字対生する。 小葉は長さ3〜10センチの長卵形で全縁であり、 先は尖るが鈍頭で、光沢がある。 春に新しい葉が出ると、古い葉が落ちる。
雌雄異株で、新枝の先や葉腋から出る円錐花序に、 線形に4全裂する白くて小さい花を咲かせる。 萼片も線形で、花序枝には短毛が密生する。
果実は長さ2〜2.7センチの倒披針形の翼果で、 細長くて両端がとがり、赤褐色の種子を含む。
常緑で育てやすいので、 庭木や街路樹などによく使われる。
自生地:タイワン、中国、フィリッピン、インド、沖縄


(2017/6/10)


奇数羽状複葉が対生する。 (2017/6/10)


小葉は尖った長卵形で、光沢がある。(2017/4/13)


(2017/6/10)


枝先や葉腋の円錐花序に白い小さな花が多数咲く。 (2017/6/10)


(2017/6/10)


翼のある細長い果実が垂れ下がる。 (2017/6/10)


灰褐色で平滑な幹が株立ちする。 (2017/6/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る