トネリコ


双子葉、合弁花、 モクセイ科、 トネリコ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:15メートル
別名:サトトネリコ、タモ、タモノキ
樹皮は暗灰色で縦にひび割れる。
葉は奇数羽状複葉で対生し、小葉は2〜3対あり、先のとがった 長さ5〜15センチの広卵形〜長楕円形で浅い鋸歯があり、 表面は無毛、裏面の脈に白毛がある。葉柄の上面に浅い溝がある。
雌雄異株で、春に新枝の先や葉腋から円錐花序を出し、萼はあるが 花弁のない小さい花を多数つける。 雄花では葯の色が紫褐色から黄緑色に変化してゆく。 雌花では萼が4裂し、二叉になった柱頭が白い。
果実は長さ3〜4センチの倒披針形の翼果で、枝から多数ぶら下がる。
固くて粘りがあるので、野球のバットやオール、 木製器具などに使われる。

樹皮は暗灰色で縦にひび割れる。(2015/5/10)


奇数羽状複葉で、小葉は先のとがった広卵形〜長楕円形。(2015/5/10)


これはシマトネリコで葉に光沢がある。


シマトネリコ(樹皮が平滑)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る