シダレエゴ


双子葉、合弁花、 エゴノキ科、 エゴノキ属、落葉、小高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:3〜5メートルぐらい
枝が垂れ下がる。
エゴノキを品種改良したもの。
葉は卵形で葉柄があり、互生する。
小枝の先に長柄のある総状の花序を出し、白い花を多数下向きに下げる。 萼も花冠も5裂し、葯が長い。
果実は8〜9月に熟して割れ、茶色の種子を出す。
果皮にサポニンが含まれていて苦い。 果皮をすりつぶすと泡だって石けんのかわりになる。





双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る