セイヨウイボタ

西洋水蝋

双子葉、合弁花、 モクセイ科、 イボタノキ属、常緑、広葉樹、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:1.5〜2メートル
別名:ヨウシュイボタ、シルバープリペット
暑さ、寒さに強く、乾燥にも耐える。 日当たりがよくて水はけのよい所を好む。
樹皮は灰褐色でまるい皮目があり、 基部からよく分枝して叢生する。
葉は長さ2〜6センチの楕円形で先が丸く、 全縁で対生する。 葉は通常斑入りであるが、 先祖帰りして緑色の葉が出ることもある。 (斑入りの葉を好む場合は緑色の葉の出た枝を切ればよい。) 寒冷地では冬に落葉する。
枝先の総状花序に白くて小さい漏斗状の花がかたまって咲き、 花冠の先が4裂し、淡紅色の葯をつけた雄しべが2本のびる。 花には芳香がある。
果実は6〜7ミリの長楕円の核果で、冬に黒く熟す。
刈り込みに強いので、生け垣に利用されることも多いが、 斑入りの葉を楽しむ人々もいる。
よく似たイボタノキは、 葉が(斑入りでなく)緑色で、 秋に落葉する点などが異なる。

葉は斑入り。 (2009/3/30)


樹皮は灰褐色、葉は全縁の長楕円形で対生する。 (2009/3/30)


斑入りでない葉もある。 (2017/6/24)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る