セイヨウバクチノキ

西洋博打の木

双子葉、離弁花、 バラ科、 サクラ属、常緑、低木〜小高木。 用語説明
花期:春 4月
高さ:2〜6メートル
若枝は淡緑色であるが、老木の幹は黒褐色となる。 (老木になると樹皮が剥がれるというが、 剥がれたところはまだ見ていない。)
葉は互生し、長さ8〜15センチの長楕円形で、革質である。
新枝の葉腋から立ち上がる10〜12センチの総状花序に白い5弁花がつく。 雄しべが放射状に花弁より長くのびる。
果実は長さ1.2センチぐらいの広卵形の核果で、秋に紫黒色に熟す。
よく似た バクチノキ は秋に花が咲き、総状花序は3〜5センチと短く、 横向きに出る。



白い5弁花が総状に咲き、雄しべが長い。 (2017/4/13)




(2016/4/29)


核果ができつつある。(2016/4/29)


葉は革質の長楕円形で、互生する。(2016/11/26)


幹は黒褐色。(2016/11/26)


常緑小高木で、葉はよく茂る。 (2018/1/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る