サルスベリ

百日紅

双子葉、離弁花、 ミソハギ科、 サルスベリ属、落葉、広葉樹、中高木。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:10メートル
別名:ヒャクジッコウ、ヒャクニチコウ
樹皮は淡紅紫色で滑らかであり、薄くはげ落ちて すべすべした木肌が現れる。
本年枝は灰褐色で、上向きのものは1メートル以上長くのびるが、 側生する枝は短いものが多い。
葉は対生と互生が混じる。左左右右のコクサギ型葉序もある。 葉は先のまるい倒卵状楕円形で全縁で、葉柄はほとんどない。
夏から3か月ぐらい、枝先の円錐花序に紅色や赤い花を咲かせる。 白い花もある。 萼は筒状で6裂する。 花弁は6枚でうちわ形をしており、縁が縮れて波打つ。
果実は直径7ミリぐらいの球形の朔果で、熟すと6裂し、 長さ4〜5ミリで片側に広い翼のある種子を出す。



花弁は長い柄のある団扇形で、縁が縮れて波打つ。






蕾と花。


花弁は縮れており、長い柄がある。(2016/8/12)


果実はさく果で、熟すと6裂する。


未熟の実。


裂開した実。


幹はすべすべしている。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る