シダレザクラ

枝垂桜

双子葉、離弁花、 バラ科、 サクラ属、落葉、高木。 用語説明
花期:春 4月
高さ:10メートル以上
枝が垂れ下がる点以外はエドヒガンとほぼ同じである。
樹皮は暗灰褐色で、浅い縦筋ができる。 枝は生長が速くて自重を支えきれずにしだれる。
葉は長楕円形で鋸歯があり、互生する。
葉の展開前に葉腋に数輪ずつ淡紅色の花を咲かせる。 若枝、葉、花柄、萼は有毛である。
丸い核果が黒紫色に熟す。
ソメイヨシノ に先立って咲く。
果実は球形の核果で、6月に黒紅色に熟す。
さまざまな品種がある。



東京-昭和記念公園にて。(2016/4/11)










若木の樹皮は淡褐色。(2017/4/4)


八重紅枝垂れ。同じ木に赤い花と淡紅色の花がついている。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る