イヌザクラ

犬桜

双子葉、離弁花、 バラ科、 サクラ属、落葉、高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:10〜15メートル
樹皮は、若木では灰白色で光沢があり、淡褐色の横長の皮目がある。 老木になると灰黒色となり、薄片がはがれ落ちる。
葉は互生し、長さ4〜9センチの長楕円形で、先端は尾状に長くとがり、 縁が波打ち、鋸歯がある。
葉の出たあと、前年枝の節から出る総状の花序に、白い5弁花が多数つく。
果実は直径8ミリぐらいの卵円形の核果で、黄赤色か黒紫色に熟すが、 苦い。








花(近接像)





花序は前年枝の節から出る。(2016/4/11)




葉は先の長くとがった長楕円形で、縁が波打ち、鋸歯がある。


幹は老木になると灰黒色となり、薄片がはがれ落ちる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る