レンギョウ

連翹

双子葉、合弁花、 モクセイ科、 レンギョウ属、落葉、広葉樹、低木。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:3メートル
樹皮は茶褐色で縦に裂け目があり、株立ちする。 古枝は灰色になる。 枝は長く伸び、節間の髄は中空となり、枝が地面につくと根が出る。
葉は対生し、4〜8センチの卵形で鋸歯があり、通常は単葉であるが、 3出状に小さい葉が脇につくことがある。有柄で柔らかい。
雌雄異株で、 葉の出る前に2.5センチぐらいの黄色い花を前年の葉腋に数個ずつ つける。花冠は4深裂する。
果実は長さ約1.5センチの先のとがった長卵形の朔果で、 熟すと2裂して狭い翼のある種子が出る。 同型の株の間では受精しないので、果実のできることは少ない。
中国原産(17世紀に渡来?)。

識別点: レンギョウ チョウセンレンギョウ
 レンギョウ     :枝が垂れ下がり、髄は中空、葉身4〜8センチ、花茎2.5センチ。
 シナレンギョウ   :枝はまっすぐのび、髄に横板がある。
 チョウセンレンギョウ:幹は伏し、枝が弓形に垂れ下がり、髄に横板がある、葉身5〜10センチ、花茎3センチ。
 ヤマトレンギョウ  :葉は卵形で裏面と柄に細毛があり、花はまばらにつく。



黄色くて花冠が4深裂する花が多数咲く。


枝先には葉芽が上向きにつき、茎のまわりには蕾が下向きにつく。葉の展開前に咲き始める。


葉は先のとがった卵形で、対生する。


若い枝は茶褐色であるが、古枝は灰色になる。


チョウセンレンギョウ。枝が横にのび、通常のレンギョウより花も大きい。(2016/4/15)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る