ニッサボク


双子葉、離弁花、 ヌマミズキ科ミズキ科とする説もある)、 ヌマミズキ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:10〜18メートル
樹皮は灰黒色でひび割れる。
葉は先のとがった長さ15センチぐらいの大きな長楕円形で、互生する。 秋に見事に紅葉する。
花は黄緑色で小さく、枝先の葉腋に散房状につく。 花弁はない。
果柄の先に楕円形で青みのかかった核果が数個つく。



枝先の葉腋に黄緑色で小さい花が散房状に咲く。(2017/5/2)




葉は先のとがった長楕円形でよく繁る。(2015/5/6)


秋に紅葉する。(2015/10/22)


樹皮は灰黒色で縦にひび割れる。(2015/10/22)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る