ナシ



双子葉、離弁花、 バラ科、 ナシ属、落葉、中高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:10〜15メートル
ヤマナシ を原種とする園芸種で、 アオナシ と交配されたものなど、多くの品種がある。
樹皮は灰褐色で、縦のひびができる。
葉は長さ約12センチの卵形で、互生し、芒状鋸歯がある。
葉の展開と同時に、2年枝や3年枝につく短枝の先に、 白くて柄の長い5弁花が数個かたまって咲く。
黄褐色〜黄緑色の梨状果実がなり、直径は10〜18センチで、 多汁質の果肉は白くて甘い。 細胞壁が厚くなった小さい石細胞があって、 噛むとつぶつぶ感がある。

虫などによる食害を防ぐために、果実に袋がかけてある。(2016/8/12)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る