アオナシ

青梨

双子葉、離弁花、 バラ科、 ナシ属、落葉、中高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:5〜10メートル
樹皮は灰褐色で、縦の裂け目が入る。
葉は長さ5〜8センチの幅広の卵形で、互生し、芒状鋸歯がある。
春に枝先に疎らな散房花序を出し、 直径3センチぐらいの白い5弁花を4〜5輪つける。 花弁は丸く、葯は赤い。
果実は直径2〜4センチの丸い梨状果で、秋に赤ではなく黄緑色に熟すが、 酸味や渋みがあってあまり美味でなく、果実酒などに利用される。
日本に野生するナシで、希にしか見られないが、果樹としてのナシには アオナシとヤマナシの雑種が多い。

花は5弁で白く、葯は赤い。


白い5弁花が咲く。葯は赤紫色。(2017/4/13)


樹皮は灰褐色で、皮目はあるが目立たない。


紅色を帯びた花もある。




枝先に散房花序がつく。


できつつある果実。長い果柄があり、先に萼が残っている。(2016/4/29)


葉は幅広の卵形で芒状の鋸歯がある。


葉は互生する。(2017/9/21)


枝先では、葉の間隔が狭い。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る