ナンキンナナカマド

南京七竈

双子葉、離弁花、 バラ科、 ナナカマド属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 5月
高さ:2〜3メートル
別名:コバノナナカマド
幹は暗灰色で細い。
葉は7〜16センチの奇数羽状複葉で互生し、小葉は長さ2〜5.5センチの 長楕円形で、上半部ににぶい鋸歯があり、裏面は粉白色である。 托葉は扇形や楕円形の対の形をとり、大きい。
初夏に葉腋から出る散房花序に、直径1センチぐらいの淡黄白色の 5弁花がつく。
果実は6〜8ミリの球形の梨状果で、9〜10月に赤く熟す。
(南京産ではなくて日本固有種であり、 ナナカマドの小さいものとして「ナンキン」がついている。)

淡黄白色の5弁花が散房状に咲く。


花後、花弁が落ちて子房が膨らみ始める。(2016/4/29)


花序の基部に扇形で鋸歯のある大きな托葉がついている。


幹は細く、楕円形の小葉をもつ奇数羽状複葉が互生する。


楕円形の梨状果ができる。


果柄の基部に大きな托葉がある。(2017/9/21)


果実は熟すと真っ赤になる。(2017/10/26)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る