ミヤマガマズミ


双子葉、合弁花、 スイカズラ科、 ガマズミ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 5月〜6月
高さ:5メートル
幹や枝はよく分枝して茂る。 樹皮は灰褐色で、若枝は紫褐色である。
葉は対生し、長さ4〜9センチの倒卵形で、浅い三角形の鋸歯があり、 表面はほとんど無毛で、裏面は脈にそって長い毛がある。 葉先は鋭くとがり、 葉柄は1〜2センチで赤みを帯びることが多い。 対生し、托葉はない。
初夏に枝先の散房状花序に小さい白い花を多数つける。 花冠は先が5中裂して平開し、 5本の雄しべが突き出る。
秋に直径6〜9ミリの広卵形で赤い核果を散房状につける。

類似植物として ガマズミコバノガマズミミヤマガマズミチョウジガマズミ、 オオミヤマガマズミ、ハクサンボク  などがある。

識別点:
  ガマズミ     :落葉、葉柄1センチで星状毛、葉先のとがり鈍い、浅鋸歯、若枝灰緑色。
  ミヤマガマズミ  :落葉、葉柄1〜2センチで絹毛、葉先鋭くとがる、三角鋸歯、若枝紫褐色。
  オオミヤマガマズミ:落葉、葉柄1〜2センチで絹毛、葉が大きく長毛散生、葉先鋭くとがる、鋭鋸歯。
  コバノガマズミ  :落葉、葉柄6ミリ、針状托葉、鋭鋸歯。
  チョウジガマズミ :落葉、葉柄に星状毛、托葉なし、鋸歯、葉先のとがり鈍い、花高坏状、核果黒熟。
  ハクサンボク   :常緑、葉柄2〜3センチ、托葉なし、革質、浅鋸歯、葉先短くとがる、雄しべ短い、若枝緑色。

若枝は紫褐色で葉は対生する。(2012/11/8)


赤い核果が散房状につく。果柄も紫褐色。(2012/11/8)


葉には三角形の鋸歯があり、葉先が鋭くとがり、脈がへこんでいる。(2012/11/8)


(2015/10/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る