マメイヌツゲ

豆犬黄楊

双子葉、離弁花、 モチノキ科、 モチノキ属、常緑、広葉樹、低木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:0.3〜1.5メートル
別名:マメツゲ(豆黄楊)
イヌツゲの園芸品種で、 枝葉は密に茂り、刈り込みに耐える。
葉は1.5〜2センチの楕円形で互生し、短柄で革質で光沢があり、 縁が裏へ反り返るので表面が盛り上がって見える。
雌雄異株で、 夏に葉腋に萼片4、花弁4、雄しべ4の黄白色の小さい花を咲かせる。
果実は5ミリぐらいの球形の核果で、秋に黒く熟す。



葉の縁が裏へ反り返る。


(2015/2/21)


葉裏。小さくて丸いのは蕾。(2016/4/29)


果実は球形の核果。


核果は黒く熟す。(2017/12/3)


虫こぶ(イヌツゲメタマフシ)のできることがある。(2015/2/21)


枝葉が密に茂り、刈り込みで整形しやすい。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る