コウヤボウキ

高野箒

双子葉、合弁花、 キク科、 コウヤボウキ属、花は筒状花のみ、落葉、低木。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:50〜100センチ
草のように見えるが落葉低木で、 根本から多数の細い枝を出し、木質化する。
本年枝に2〜5センチの卵形で浅い鋸歯があり、伏毛のある葉が互生し、 2年枝には先の尖った楕円形の葉が束生する。 浅い鋸歯がまばらにある。
秋に本年枝の先に白い筒状花が集まった花を1つずつつける。 花冠は5裂し、裂片は細長くて先が反り返る。
そう果は長さ約6ミリの棒状で、赤褐色の冠毛が密生する。
茎に弾力があって箒として使われる。
ナガバノコウヤボウキ は、葉に毛がない点などが異なる。

コウヤボウキ。花冠は5裂し、裂片は細長くて先が反り返る。(2015/10/19)


葉や枝に毛がある。本年枝には卵形の葉が互生する。


総苞は円柱状。(2017/10/31)


花後も総苞が乾燥した花のようになって残る。(2016/3/3)


2年枝には楕円形の葉が束生する。


(2016/5/5)


ナガバノコウヤボウキ。葉は無毛。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る