カンレンボク

旱蓮木

双子葉、離弁花、 ヌマミズキ科ミズキ科とする説もある)、 カンレンボク属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:20〜25メートル
別名:キジュ(喜樹)
樹皮は灰白色で、縦の長方形の割れ目がはいる。
葉は互生し、先のとがった長さ12〜28センチの 楕円状卵形〜長楕円形で、全縁で光沢があり、 葉脈が明確で、縁がやや波打つ。 葉裏の脈沿いに軟毛がある。
雌雄同株で、枝先に長い柄のついた球形の花序を数個つけ、 小さい淡黄白色の花を多数咲かせるので、花序は針山状となる。 頂につく花序には雌花、脇につく花序には雄花が咲く。 花弁は見えない。
長さ2〜2.5センチのバナナ形の果実が長い柄の先に 球形に集まった集合果をつけ、秋に淡黄褐色に熟す。 種子は被針形である。
中国南部原産(大正時代に渡来)。



果実は小さいバナナの実が球形に集まったような集合果。(2016/10/20)


花序は針山状となる。(2016/7/27)




淡黄白色の花が球形に集まる。(2015/7/2)


(2015/7/2)


実が生長した花としない花がある。


葉は大きな楕円状卵形で、葉脈が明瞭。


葉裏。


樹皮は灰白色。


幹には縦の割れ目がはいる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る