カボス

臭橙、香母酢

双子葉、合弁花、 ミカン科、 ミカン属、常緑、広葉樹、小高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:2〜2.5メートル
樹皮は黒褐色で、 枝には大きな鋭い棘が生える。
葉は互生し、長楕円形で、葉柄には翼があり、 つやと香りがあって、油点がある。
春に葉腋に白い5弁花を咲かせる。
果実はテニスボールぐらいの大きさで、 へたの周囲が少し盛り上がる。 果実を未熟の青いうちにとって、酢を絞って利用する。 果実は熟すと黄色くなる。
似た目的で使われるスダチはゴルフボールぐらいと小さく、 へたの周囲が盛り上がらず、香りが強い。
カボスの近縁種の ユズ は、果実が少し小さくて、果皮がでこぼこしており、 果皮の香りを利用することが多い。

(2018/2/10)


大きな棘がある。 (2018/2/10)


葉柄に翼がある。 (2018/2/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る