ジョウザンアジサイ

常山紫陽花

双子葉、離弁花、 アジサイ科 (以前は ユキノシタ科)、 ディクロア属、常緑(寒冷地では落葉)、低木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:1〜2メートル
別名:オタフクアジサイ
山地の斜面などの半日陰で育ち、 雨を好み、乾燥や寒さに弱い。
茎は束生し、灰色であるが、 若枝は緑色で太くてなめらかである。
葉は長さ5〜15センチの長楕円形で、先が尖り、 鋸歯があって、対生する。
若枝の先の散房花序に、 直径約2センチで淡青色の5弁花を多数つける。 ガクアジサイ のような装飾花はない。
直径約5ミリの藍色の丸い液果をつける。 果実には、肉質の萼で囲われたような輪模様があり、 その頂部には花柱が残る。
有毒植物。
夏に乾燥しすぎると、花芽が傷んで、翌年咲かなくなる。
アジア南部原産。

(2018/6/19)


花は淡青色で5弁。 (2018/6/19)


幹は灰色であまり枝分かれせず、葉は長楕円形で対生する。 (2018/6/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る