ハナヒョウタンボク

花瓢箪木

双子葉、合弁花、 スイカズラ科、 スイカズラ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:2〜4メートル
幹は褐色で分枝してよく茂り、 樹皮は縦に裂ける。 枝は中空になる。
葉は5〜9センチの卵状長楕円形で、先がとがり、対生する。 全縁で脈上に毛がある。
枝先の葉腋からでる2〜4ミリの花柄に白色から黄色へと変わる唇形花を 2個ずつつける。花冠は約2センチで上唇の先が4裂し、萼は5裂する。
直径5〜8ミリの球形の液果が2つならんでつき、 9〜10月に赤く熟す。合着はしない。 (2つの実のうち1つが小さいか脱落している場合もある。) 種子は淡褐色の卵型である。
有毒植物。絶滅危惧種。
似たものに キンギンボク があるが、葉先がとがる点などが異なる。

識別点:
 キンギンボク   :葉は長楕円形でとがらない、花は放射相称、果実合着。
 ハナヒョウタンボク:葉は長楕円形でとがる、花は唇形、果実は合着しない。

丸い液果が赤熟する。2つずつ並ぶが、1つのこともある。


葉は長楕円形で先が鋭くとがる。(2015/10/28)


葉脈が葉裏に隆起する。(2016/10/20)


花は葉腋に数個ずつ咲く。(2017/5/2)


唇形花の上唇は先が4裂し、下唇は広線形で前へたれる。(2016/4/29)


唇形花が2つずつ並んで咲き、白から黄色へと変色する。(2016/4/29)


蕾は細長い。(2016/5/5)


果実は2つずつ並ぶが、合着はしていない。(2015/10/28)


(2017/10/31)




熟すと色が濃くなる。(2016/10/20)


樹皮は褐色で縦に裂ける。(2016/10/20)


(2017/10/31)


よく分枝する。 (2018/1/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る