フヨウ

芙蓉

双子葉、離弁花、 アオイ科、 フヨウ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:1〜4メートル
根際から分枝して株立ち状となる。 樹皮は白みをおび、滑らかである。
葉は互生し、10〜20センチの大きな5角形状で柔らかく、 上部は熊の掌状に浅く3〜7裂してとがり、 基部はハート形で、5〜12センチの長い葉柄につながる。
花は枝の上部の葉腋から出る散房花序につき、 淡紅色か白で直径10〜14センチと大きい。 花弁は倒卵形で5枚あり、回旋して重なり合う。 朝開いて夕方しぼむ1日花であるが、長期間次々と咲く。
果実は球形の刮ハで長毛に覆われ、熟すと5つに割れて、長い毛が多数 生えた腎臓形の種子を散らす。
八重咲きのものに スイフヨウ があり、朝開花したときは白いが 午後にはしぼんで赤くなる。
九州南部から沖縄方面に生育するサキシマフヨウ(先島芙蓉)は、 10月〜12月に花が咲く。

一重咲き


葉は5角形状で、掌状に浅く裂け、葉柄が長い。


刮ハには毛があり、5裂すると毛のある種子が現れる。(2015/12/5)


サキシマフヨウは秋に花が咲く。(2016/10/20)


サキシマフヨウ。雄しべと雌しべの合着した蕊柱の先が割れている。(2016/10/20)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る