ベニドウダン

紅満天星

双子葉、合弁花、 ツツジ科、 ドウダンツツジ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:2メートル
別名:チチブドウダン
ドウダンツツジ にくらべ、花が紅色で少し小さく、花期が少し遅い。
樹皮は褐色で、皮目が多い。
葉は倒被針形で互生する。
枝先から出る総状花序に、 柄の長い広鐘形の花が10個前後ぶらさがって、 下向きに咲く。 色は紅色〜淡紅色、長さは5〜8ミリで、 花冠は5浅裂したあと、裂片の先がさらに細かく裂ける。
近畿以西にあって花が淡紅色で花柱が花冠と同じ長さのを ベニドウダン、近畿以東にあって花が紅色で花柱が花冠より 長いものをチチブドウダンとして区別する説もある。
果実は刮ハである。
長門市の自生地にあるものは山口県の天然記念物に 指定されている。



双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る