サッコウフジ

錯甲藤

双子葉、離弁花、 マメ科、 ナツフジ属、つる性、常緑、低木。 用語説明
花期:夏 6〜8月
つる性ではあるが、通常の フジ ほどにはつるをのばさない。 寒さに弱いが暖地では冬越しできる。
樹皮は淡褐色で平滑である。
奇数羽状複葉が互生し、 小葉は長さ3〜9センチのとがった楕円形で、 やや厚く、全縁である。
枝先に横のびする総状花序に、紅紫〜暗紫色の蝶形花が咲く。 花総は垂れ下がらない。
豆果は長さ10センチ以上あり、熟しても裂開はせず、 扁平な豆が入っている。
花が濃い紫色のはムラサキナツフジと言われる。
沖縄、台湾、中国南部原産。

常緑で フジ より葉が厚く、花は総状に咲く。(2016/7/27)


花は紅紫色で、総は垂れ下がらない。(2016/7/27)


豆果ができる。(2016/9/28)


(2018/9/29)


奇数羽状複葉の小葉は、やや厚くて光沢がある。(2017/10/18)


つる性ではあるが、幹はかなり自立できる。(2016/10/20)


つるは長くのびる。 (2018/1/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る