ラズベリー


双子葉、離弁花、 バラ科、 キイチゴ属、落葉、低木、半つる性。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:2メートル
株立ち性があり、地下茎から毎年新しい茎が出る。 若い茎は緑色であるが、古くなると褐色になる。 茎にはまばらに棘がある。
葉は互生し、3出複葉で、小葉は葉脈がはっきりしており、鋸歯がある。
初夏に若枝の先に散房状に白い5弁花を咲かせる。
果実は粒の大きい円錐状の集合果で、 6〜7月に赤く熟すと食べることができる。
甘酸っぱい味がする。 ヨーロッパで好んで食用とされる。



双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る