ナニワイバラ

難波薔薇

双子葉、離弁花、 バラ科、 バラ属、つる性、常緑、低木。 用語説明
花期:春 5月
高さ:メートル
似たところのある ノイバラ は小さめの花が円錐状に集まってつくのに対し、 ナニワイバラでは大きい花が単生する。
つる性で、茎に鉤形の大きい棘がある。 この棘は、葉が変形したものであるため、枝先から根元の方向へ 力を加えると、根元からとれる。
5〜10センチの奇数羽状複葉が互生し、小葉は3枚つくことが多く、 楕円形で光沢があり、葉柄に細かい棘がある。
枝先に直径5〜9センチの白い5弁花が単生し、芳香をもち、 萼筒や花柄に小さい棘が密生する。多数の黄色い雄しべがある。
楕円形で棘の密生した偽果が秋に暗橙赤色に熟す。

白い5弁花が単生する。


花弁は丸く、黄色いおしべが多数輪生する。(2015/5/6)


小葉は楕円形で鋸歯があり、光沢がある。花後も萼片が残る。


萼筒や花柄に小さい棘が密生する。小枝には大きい棘と小さい棘がある。(2016/4/29)


太い茎には大きな棘がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る