ナガバモミジイチゴ

長葉紅葉苺

双子葉、離弁花、 バラ科、 キイチゴ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 4月
高さ:1〜2メートル
茎は無毛で鋭い棘があり、淡褐色である。
葉は互生し、長さ3〜7センチの長卵形で、3裂し、 重鋸歯がある。 中央の裂片は脇の裂片より2倍ぐらい長い。 葉柄にも棘がある。 葉脈が深くへこんで葉にしわがあるように見えるものや、 裂け方の深いのや浅いのなど、変異が多い。
春に葉腋に5弁の白い花が1つ下向きに咲く。
果実は直径1〜1.5センチの球形の集合果で、 6〜7月に丸い粒が黄橙色に熟し、 食べることができる。

(2017/4/13)


白い花が葉腋に下向きに咲く。


花は5弁で、葉脈は葉裏に隆起する。(2017/4/13)


枝を横向きに長くのばす。


茎や枝には鋭い棘がある。


葉柄にも棘がある。(2016/4/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る