ムベ

郁子

双子葉、離弁花、 アケビ科、 ムベ属、常緑、つる性、木本、低木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
別名:トキワアケビ
枝をのばして他の木などにからむ。 樹皮は若枝では緑色を帯びるが、幹や古枝では灰褐色となる。 幹には浅い割れ目が入る。
葉は互生し、掌状複葉で、5〜10センチの小葉が5〜7個つつく。 小葉は先の短く尖った楕円形で、光沢のある革質である。
春に葉腋から総状花序を斜上させ、淡黄白色の花を3〜7個つける。雌雄同株。 花弁はなく、花弁状の萼片が6枚あり、内側の3枚は細い線形で、外側の3枚は やや幅広の被針形である。雌花には3つの雌ずいがあり、雄花は雌花より 少し小さくて1つの雄ずいがある。
果実は長さ5〜8センチの卵円形で、秋に紫色に熟すがアケビのようには割れない。 中に半透明の果肉があって、黒褐色の扁平でへこみのある種子が入っている。



花には花弁はなく、やや厚い花弁状萼片が6枚ある。




葉は掌状複葉で革質。


小葉は楕円形で、5〜7枚ある。(2017/4/22)




樹皮は暗緑色と灰白色が混じった色をしている。


未熟な果実。(2016/10/11)


果実は紫色に熟すが裂開しない。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る