ハツユキカズラ

初雪蔓

双子葉、合弁花、 キョウチクトウ科、 テイカカズラ属、常緑、つる植物。 用語説明
花期:夏 6月
テイカカズラ の白い斑入りのもので、細い茎をのばして 木などにからまる。
葉は紅色、淡紅色、白斑入り、緑 などに変色する。 ごくまれに白い花を咲かせる。
耐寒性や耐陰性がある。
日本、朝鮮原産。



紅色→淡紅色→緑に白斑→緑 と変色する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る