テイカカズラ

定家蔓

双子葉、合弁花、 キョウチクトウ科、 テイカカズラ属、常緑、つる植物、木本。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
別名:マサキノカズラ
細い茎から気根を出して樹木や岩をはいのぼる。 茎には褐色の毛が密生する。
葉は3〜7センチの先のとがった楕円形で、革質で光沢があり、対生する。 日当たりのよい上部の葉は全縁でやや大きく、林床を這う葉は小さくて波状の 浅鋸歯を有する。
日当たりのよい所では、初夏に葉腋から出る集散花序に、芳香のある白い花をつけ、 それはしばらくすると淡黄色になる。 花は高坏形で上部が5裂し、プロペラのようにねじれる。
秋に細長い円筒形の袋果を2つずつ果軸に直角につけ、 熟すと鞘が割れるように2つに割れて、 冠毛のついた細長い種子を風でとばす。
日当たりの悪い所では、小さい葉しか出ず、花は咲かない。
耐寒性や耐陰性がある。有毒。



花は5弁で白く、花弁がプロペラのようにねじれる。(2016/5/14)




花は次第に淡黄色になる。




日当たりのよい所の葉は全縁で大きい。(2015/5/27)


日当たりの良くない所では葉が小さく、縁が少し波打ち、花が咲かない。(2016/7/18)


果実は細長い円柱形で湾曲し、2つが対になってつく。(2015/7/4)


(2015/7/4)




長さ15〜20センチの果実が割れると、冠毛のついた細長い種子が現れる。Photo by H. O. (1998/12/25)


茎に褐色の毛が密生し、葉は対生する。(2016/7/18)




樹木などにからみつく。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る