ゲンペイクサギ

源平臭木

双子葉、合弁花、 シソ科クマツヅラ科 に分類されることもある。)、 クサギ属、つる性、低木。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜9月
高さ:
別名:ゲンペイカズラ
寒さには弱い。 つる性低木で、つるが4メートルぐらいのびる。 若枝は四角で、短毛がある。
葉は長さ約12センチの尖った卵形で、全縁であり、対生する。 葉脈はへこんでいる。
円錐花序(または二叉に分かれた花穂)を出し、 白い萼と赤い花弁を持つ花をつける。 萼は5裂するが袋状となり、 長さ約2センチの赤い花筒がのぞくように出て、 先が5裂して開く。 葯が紫色で花糸の白い4本の雄しべが突き出し、 それがしぼんでから雌しべが長くのびる。 (このようにして自花受粉を防ぐ。) 花が落ちると、白い萼が、紫色に変化する。
直径10ミリあまりの丸い核果ができ、 裂開すると黒い長楕円形の種子が現れる。
西アフリカ原産。

つる性低木で、葉は尖った卵形。 (2018/10/16)


萼は袋状となり、その中から赤くて先の5裂する花弁が出る。
咲いている花では萼が白く、花が終わると萼が紫色となる。 (2018/6/19)


花序が円錐状となるものもある。 (2018/6/19)


長く突き出た雄しべ(左)がしぼんでから雌しべが突き出る(右)。 (2018/6/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る