アメリカノウゼンカズラ

アメリカ凌霄花

双子葉、合弁花、 ノウゼンカズラ科、 ノウゼンカズラ属、つる性、落葉、低木。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
茎から付着根を出して樹木などにはい上がるつる植物で、 ノウゼンカズラとよく似ている。 (ノウゼンカズラとアメリカノウゼンカズラの交雑種もある。)
奇数羽状複葉が対生し、小葉は先のとがった卵形で鋸歯がある。 秋に落葉して春に芽ぶく。
茎の先に漏斗状で5片に裂けた橙赤色の花を散形状につける。
アメリカ原産。

識別点: ノウゼンカズラアメリカノウゼンカズラ
 ノウゼンカズラ    :花筒が短い、花茎が大きい、まばらな円錐状に咲く。
 アメリカノウゼンカズラ:花筒が細長い、花茎が小さい、散形状に咲く。

(2015/7/2)


花は枝先から散形状に咲く。(2015/7/2)


奇数羽状複葉が対生する。(2015/7/2)


樹皮は縦に裂ける。付着根で木や塀などに張り付く。(2015/7/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る