ヤツガシラ

八つ頭、八頭

単子葉、 サトイモ科、 サトイモ属、夏緑、多年草。 用語説明
花期:夏 8月
高さ:1.5メートルぐらい
サトイモ の変種で、親芋が大きくならないうちに小芋が成長を始めるので、 親芋と小芋が合体して不整形な大きな芋となる。 したがって、ヤツガシラの芋はサトイモの芋より緻密で大きい。 また、赤みを帯びた葉柄が密に叢生する。
葉は古葉柄に新葉柄が挟まれる形で束生し、 葉柄(葉軸)は肉質で1メートル以上にのびる。
葉身は三角状楕円形の盾状で少し切れ込みがあり、 最も幅広のあたりに葉柄が 傘の柄のようにつく。葉の表面は水をはじく。
稀に30センチぐらいの花径が出て黄色い仏炎苞をもつ花が咲くことがある。
種芋を4月〜5月に植えて秋に収穫する。 茎の地下部分(塊茎)を食用とするだけでなく、 葉柄も葉軸(ズイキ)として食用になる。
水田の土のような重粘な土と日当たりのよい所を好み、 耐湿性はあるが乾燥には弱い。連作を嫌う。
インドや東南アジアが原産地と言われる。



背丈ぐらいに大きくなる。茎の赤いのがヤツガシラで緑のがサトイモ。


茎(葉柄)もズイキとして食べる。茎の赤いのがヤツガシラで緑のがサトイモ。




ヤツガシラの芋。小芋は少なくて、親芋は茎がいくつも出ていて大きい。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る