シュロガヤツリ

棕櫚蚊帳吊

単子葉、 カヤツリグサ科、 カヤツリグサ属、常緑、多年草。 用語説明
花期:春〜秋 5月〜10月
高さ:1〜2メートル 
太く短い根茎が横にのびて、大きな株を作る。 茎は3角柱形で叢生し、直立する。
葉は退化して茎の基部に鞘状となっている。 寒冷地では冬に地上部が枯れる。
茎先に輪生するようにらせん状に互生している葉のようなのは、 花を支える苞葉であり、 長さ10〜20センチの線形で、先がとがる。
花序は複散形で、茎先から2〜15センチの花序枝が出て、 その先に10〜30個の小穂をつけた散形状の分花序をつける。 小穂は長さ約2ミリの楕円形で、短い芒があり、 3稜のあるそう果を含む。
似たところのある パピルス は、高さ2〜3メートルと大きく、 苞葉は糸状に細くて長く、先が垂れ下がる。
マダガスカル島原産。

(2016/11/20)


茎先に長い苞葉が輪生状に出る。(2017/10/31)


苞葉の間から花序枝が出てくる。(2016/1/22)


長い花序枝の先に楕円形の小穂が数個つく。(2017/3/30)


(2017/3/30)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る